FXの基礎知識 の記事

2009/05/14 ノックアウトオプション
 ノックアウトオプションとは「ある一定の条件になると消滅してしまうオプション」です 例えば ユーロドル、ユーロコール 1M(1ヶ月) ストライク 1.32 RKO(リバースノックアウト) 1.36 というオプションを例にとってみます。 このオプションは これから1ヵ月後に 1.32でユーロドルを買うことが出来るオプションですが、1ヶ月の間に 市場が一度でも1.36に到達すると権利が消滅してしまいます。 このオプションの保...

ノックアウトオプション

 ノックアウトオプションとは「ある一定の条件になると消滅してしまうオプション」です

 例えば ユーロドル、ユーロコール 1M(1ヶ月) ストライク 1.32 RKO(リバースノックアウト) 1.36 というオプションを例にとってみます。

 このオプションは これから1ヵ月後に 1.32でユーロドルを買うことが出来るオプションですが、1ヶ月の間に 市場が一度でも1.36に到達すると権利が消滅してしまいます。

 このオプションの保有者は非常に微妙な立場に置かれます。つまり1ヵ月後に市場が1.32より下ならば、このオプションは価値がありません。そのときの市場実勢で買ったほうが安く買えるからです。 しかし、途中で上がり過ぎてしまって1.36に達するとオプション自体が消滅してしまうので、これも価値がなくなります。

 保有者にとってベストシナリオは 1ヶ月の間に1.36まで到達せず、かつ行使当日に1.36未満で限りなく1.36に近い場合です。

 この場合、例えば1.3590であれば、オプションを行使して1.32でユーロドルを買って、市場実勢(1.3590)で売り抜けることができます。

 こうしたオプションを持っていたヘッジファンドがあまり相場が上がり過ぎないようにユーロドルを1.33台を一生懸命売っていました。(実はとてもジレンマを感じるストラテジーなのですが、これがRKO保有者の宿命です)

 彼らは市場が下落すれば、防戦の為に売ったCASHのユーロドルを買戻し、また上がったら防戦で売るというオペレーションを繰り返します。

 これがRKOを背景とした手口です。

ランキングに参加してみました^^
1回押していただけたら嬉しいですw
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ FX 女性投資家へ
にほんブログ村


スポンサーサイト